転勤のない職場で薬剤師が働く場合の注意点とは

ほとんどの職業には転勤というものがあります。日本各地を転々と移動したり、就職した途端思いがけないような地域に転勤の辞令が出たり、自分の家を持った途端転勤が決まり単身赴任することになった、など、様々なパターンが考えられます。

薬剤師という職業にも勿論転勤はあります。一般のサラリーマンの方と比較するとあまり多くはありませんが、だからといって絶対ないことだとはいえません。では、薬剤師が転勤のない仕事をしたい場合には、どのような方法があるのでしょうか。

初めに大切なのは、転勤のある業種とそうではないものをしっかり判断する事が重要です。例えば、大きな企業の場合は小さな企業と比較して様々な地域に支社があります。それはすなわち転勤の機会も多くなるということで、薬剤師の場合も同じです。

大きな製薬会社で働くということは、転勤の機会も増えるということにつながります。全国チェーンのドラッグストアなども同じです。医療法人で各地に様々な医療機関を置いている病院に勤めても、やはり転勤の悩みからは逃れることはできません。大きな、有名な職場であれば、転勤のリスクはそれだけ高くなります。

転勤とは少し違いますが、治験コーディネーターなどは全国各地で治験業務がありますので、出張する事が多い業種と言えるでしょう。

転勤のない求人で薬剤師が働きたいのであれば、お勧めは調剤薬局です。また地域に根付いたドッグストアなども、オススメです。但しドラッグストアは正社員よりもパートの求人が多いために、雇用形態をしっかりチェックする事が大切になります。

調剤薬局の場合は求人を探すのはそんなに難しくはありません。売り手市場と考えても大丈夫です。但し薬剤師の資格を活かし、自分らしく働ける環境を見つけるためには、なるべく待遇のよい職場を選択したいですよね。

このようなケースでは薬剤師専門の求人サイトを利用するのが良いでしょう。非公開求人なども入れた、たくさんの求人情報を確認する事ができますし、その中には転勤のない業種も多く存在します。

また希望条件をコンサルタントに伝える事で、より良い条件の求人を見つけることもできるでしょう。転勤の心配なくのびのび働ける環境で、薬剤師の仕事をがんばっていってください。

ページの先頭へ