ブランクのある薬剤師には復職支援プログラムがおすすめ!

薬剤師の人口は女性が多くを占めています。今では男女にさほど差はなくなってきましたが、それでも女性のほうが多少は多くなっているのが事実です。女性の場合は、結婚や出産を期に職を離れる人が多いです。

薬剤師はその影響を受けやすく、結婚や出産をして子育てに追われるであろう30代から人口が減ってきているそうです。また、何年も職場を離れることになりますので、子育てが落ち着いた復職しようと思ってもなかなか行動に移せないことが多いのです。

その理由は、医療の発展が著しい中、医薬品に関しても一年でものすごい数の新しい医薬品がリリースされています。何年も職を離れてしまうと、全く別の世界になっているということもありえるのです。

数年離れただけでも、かなり進歩していますし、複雑化もどんどん進んでいるので、自分で全て復習して補うということは難しいのです。また、知識や技術の壁だけでなく、業務に関してのマナーなども再習得しなくてはなりません。覚えることがたくさんありすぎるため、結局復職を断念してしまうそうです。

そんな薬剤師が多いため、最近はブランクのある薬剤師のための復職支援プログラムが注目されています 復職支援プログラムでは主に調剤薬局でのスキルや知識について、一から全て習得することができます。

患者さんへの対応方法や処方箋の見方など、体が覚えていると思う人もいるかもしれませんが、なかなかうまく行かないのが現実です。一からひと通りの流れを全て再習得できる復職支援プログラムなら、なかなか以前の要領を取り戻せない人でも、すぐに業務ができるような状態にまで持って行ってくれると思います。

この復職支援プログラムは、薬剤師の人材紹介を行っている企業が主催しています。他にも、東京大学大学院薬学系研究科が協力をしていたりと、かなり本格的に取り組まれています。ブランクがあるせいで、なかなか復職に踏み込めなかった人でも、これなら安心して復職することができるようになると思います。

復職支援プログラムで知識やスキルを再習得して、ブランクを埋めていきましょう!

ページの先頭へ