必要とされる薬剤師になるためには

薬剤師にかぎらず、どんな職業であっても自分が必要だと判断されなければ、面接で採用されることはありません。採用不採用を決めるのには、履歴書をしっかり書くことも大切ですが、面接対策を万全にすることもとても大切です。

もしかすると、最近噂されている「薬剤師過剰時代」が本当に来てしまうかもしれません。もし過剰時代がきて、求人数よりも求職数の方が多くなってしまったら、なおさら自分は必要とされなければなりません。

必要とされる薬剤師になるためには、面接で不採用になってしまう理由を考えると良いと思います。今必要とされる薬剤師は経験やスキルだけの薬剤師ではないそうです。実際に、経験もスキルも問題ないのに、面接で不採用になってしまった薬剤師もたくさんいます。

その理由は、面接時にきちんと挨拶ができていなかったり、笑顔が少なかったりするからだそうです。 他にも、転職理由や志望動機がふわっとしていて明確ではなかったり、将来の目標が無く自分が何をしたいのか説明できない人もNGだそうです。

また、薬剤師の目線からでしか物事を考えることができず、顧客や患者さんの目線で考えられないなど、他にも面接で不採用になる理由がたくさんあります。

経験やスキルはどんな人でも時間をかければ培っていくことができます。しかし、人としての部分などは自分自身が気付かなくてはどうにもなりません。転職理由や考え方がネガティブだったり、優柔不断だったりすると、「この人大丈夫かな?また同じ理由で辞めないかな?」と求人先が不安になってしまいます。

因みに挨拶ができないのは、社会人としてNGですので論外だと思います。普段から笑顔で人と接することができて、きちんと挨拶をするように心がけましょう。

必要とされる薬剤師とは、面接で不採用になる薬剤師の真逆だと言えます。なので、必要とされる薬剤師とは、コミュニケーション能力が高く、自分の意見を明確に伝えることができてなおかつ相手の立場で物事を考えれれる人だと言えるでしょう。面接対策をきちんとして、普段からポジティブを心がけていれば問題は無いと思います。

ページの先頭へ